ペットの葬儀

ムシロをかけ炭や石炭などで10時間ほどかけて火葬されていたのです。 昭和初期にヨーロッパからバーナー焼却機が輸入されて、現代のような葬儀が行われるようになったのは昭和30年代前後です。 人間と同じようにペットの葬儀をしたいという人がそれ以降に増えたのです。 ペットは土葬から火葬の葬儀へと変化していったのです。 今ではペットの火葬は人間と同様に行われる事が多いです。 なので、ペットは人間と同様の葬儀が行われるのが定番となっています。

ペットの葬儀の今後の動向についての予測について紹介します。 これからは法律的措置と遺体の処理や社会的区切りや遺族の心の整理を前提としたサービスに変わっていくでしょう。 この中で最も大切なのは遺族の心の整理です。 大切なペットが亡くなってしまった後の心のケアも業者がみる傾向になります。 きちんとしたお別れをしないと、先に進めない飼い主も多いです。 なので、業者はきちんとした葬儀をしてあげるべきです。 葬儀には3つの方法が主流になります。 1つ目は葬儀式です。 実際にお寺でお経を呼んで供養してもらう人が多いです。 2つ目は個別火葬です。 お骨を手元に残したい人のために火葬します。 3つ目は合同火葬です。 合祀を目的にした火葬です。 飼い主は火葬ととともに昇天を念じます。 遺骨は飼い主の所には残らないです。 これらの方法によってペットが安らかに天国に行けるサービスが業者によって行われる傾向になります。