三毛猫

病気への対策

「ペットには、いつまでも元気でいてほしい」と願う方は、たくさんいます。しかし、ペットとして飼われている犬は、私たち人間と同じように癌などの病気にかかる危険性は十分あります。

Read More

ペットの葬儀

ペットの葬儀のこれまでの歴史や変遷について紹介します。 ペットは江戸時代まで一部の上流階級を除いて、ほとんどが野焼きで供養されていたのです。 明治から昭和時代までは各部落の火葬小屋で供養されていたのです。

Read More

ペット保険

ペットは家族の一員であるという考え方が浸透して幾年か経ちますが、近年ではペット保険なども登場してきています。加入することでペットの医療費などを補償してくれます。

Read More

ペットの病気

24時間電話受付をしているので相談してみると良いですよ。ペット供養の知識がなくても、スタッフがしっかり説明をしてくれます。

ペット供養の相談をするなら、11,000円から供養可能な専門業者へ。予算に応じてプランを組むので安心できますね。

ペットは、人間と同じ様に歩いたり、食事をしたり、眠ったりなどを行いますが、時として、病気についても同じ様に発症してしまう場合があります。人間と同じ様な病気として、犬の椎間板ヘルニアなどがあります。飼い犬の歩き方がおかしいと感じた様な時には、獣医師に早めの相談をする事が必要になります。 犬の椎間板ヘルニアについては、人間の病気として認知された事が先行していますので、歴史としてはまだ比較的浅いものと考えられます。1900年代前半に人の椎間板ヘルニアを対象とした手術が行われましたが、犬の場合には、人の生活が豊かになっていく事に伴って、発症する症例が増えていきました。運動不足であったり、栄養過多などが原因になったともいわれていますが、現在では、遺伝的要因なども認められる様になっています。

犬の椎間板ヘルニアは、犬種によっても発症し易いとされていますが、人が品種改良を行った事で、体型的な負荷がかかっているケースなどもあります。他にも、原因としては、飼い主が栄養を与え過ぎてしまって、肥満により発症する場合もあります。体が肥満化してくると、体を動かすなどの運動が億劫になってしまいますので、椎間板ヘルニアになってしまうリスクも高まります。今後も人が犬種改良を実施する可能性もありますし、ついエサを多く与え過ぎてしまう事なども有り得る事です。そのため、椎間板ヘルニアを発症する犬が今後も増えていく事が考えられます。 動物病院においても、犬の椎間板ヘルニア治療が人間と同じ様な内容になり、レーザーを利用した手術なども増えていくと予想されます。

ペット供養を大阪で利用している人は、とてもペットを愛していた人たちばかりです。愛情の分しっかり供養をしましょう。

健康管理もしっかり行なっているのでパピヨンをお探しであればこちらを利用するとお得です!興味がある方はまずサイトを要チェック。